ウズベキスタン旅行記(29) 帰国

バラク・ハン・メドレセがある広場には

その他に「ハズラティ・イマーム・モスク」「カファリ・シャーシ廟」があり

敷地としてはものすごく広いです。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180415233343j:plain

 

敷地内にはスザニ工房もあり、クオリティもお値段も高めのスザニ製品が

販売されていました。

 

無事お土産も購入できたので広場の階段で夕日を見ながら

この旅を振り返ると

毎日知らないものとの遭遇ばかりでめまぐるしい1週間だったなぁと。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180415235001j:plain

 

冷たくあしらったから来なかったらどうしよう

心配していたのですが、ルッサン、ちゃんと時間通りに迎えに来てくれました。

 

空港には早めに到着したので残りのお金を何とか使い切ろうと奔走。

 

パッケージがウズベク語のお菓子を買ったり

もう使えるのか分からないレベルの小銭を売店の人に渡して

風船ガム3個と交換してもらったり。

 

出発時刻が近づくと搭乗口付近は日本人でいっぱいになり

(日本への直行便なので当然ですね。) 

久々に聴く日本語の濁流に「おぉ!!」と少し感動。

 

1週間ほぼ日本語を使わない生活だったので

脳内の思考もルー大柴的な日本語英語混じり文と化していました。

 

さて、飛行機は定刻に問題なく出発。

夜ご飯を食べていないので早く何か出して欲しいな〜と

思っていたところに出てきたのがこちら。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180418192654j:plain

 

豆!!

 

う〜ん、これでは物足りない(^^;)

とはいえ空腹なので一瞬で食べ尽くしました。

 

ここからは食欲と睡眠欲とのせめぎ合い。

日付が変わらんとするくらいの時間に出てきたのがこちら

ジャン!!

 

f:id:suekko-sanjyo:20180418192943j:plain

 

プロフ!!

 

この時間にこれは重いな〜(^^;)

しかし!せっかくここまで我慢したのでぜひ食したいと思います!

 

感想としては、正直、サマルカンドで食べたやつより

美味しかった…。

日本人向きな味に仕上げてるんですかね?

 

ご飯も食べられたので満足してぐっすり。

気付いた頃には朝の軽食が出ていました。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180418195152j:plain

 

そしてついに成田空港に到着。

長かった旅も終わりを迎えました〜

 

正直最終日に関しては自分の手書きの旅行記も

途絶えていて、4年前の記憶を呼び起こすのはなかなか大変なもので(^^;)

ただ、自分用としてこの長い旅をまとめておきたいと思っていたので

よい機会になりました。

見ていただいた方ありがとうございました!

 

f:id:suekko-sanjyo:20180418195415j:plain

 

おしまい。 

 

ウズベキスタン旅行記(28) サマルカンドからタシケントへ②

サマルカンドを出発したシャルク号。

ブハラ〜サマルカンド間とはまた違った風景が広がっています。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180415002716j:plain

 

f:id:suekko-sanjyo:20180415002746j:plain

(ここの風景が一番好きだったかもしれない)

 

途中、再びコーヒー販売タイムがあったようなのですが

私はずっと外を眺めていたので全く気付かず。

 

ふと見ると座席の前にコーヒーが置かれていたので

「いつの間に!?」と思っていると車掌さんが目配せ。

これはサービスでくれたようです。嬉しい!

 

f:id:suekko-sanjyo:20180415003018j:plain

(川の向こうにあるのはおそらくお墓)

 

外の景色を見て

「地球上にこんな場所があるんだな〜生活大変そうだな〜。」

とか色々考えていると

電車はあっという間に終点、サマルカンドに到着。

 

下車時に車掌さんと再び握手をしてお別れ。ラフマト!

 

駅では、タシケント担当のルッサンが出迎え。

「他の街はどうだったか。」と。

いやぁ、どの街もそれぞれの魅力があって素敵なところでした。

 

空港に行くまで2時間ほどフリータイムがあったので

私はお土産をハントすべく「バラク・ハン・メドレセ」直行を命ず。

すると

「そこで何をするんだ?他にもっといいところがある。」

と自分のオススメスポットをプレゼンしてきたので

「いや、私はバラク・ハン・メドレセに行きたい。」と一歩も退かず。

渋々…という表情でルッサンが一言。

「じゃあ連れて行ってやるけど、その間俺は何をしたらいいんだ?

 

そんなん知らんがな^^;)

 

自分の好きなことをして!そして買い物中に絶対一緒にいないで!

と思ったので

ユーハブフリータイム

と言い、車から降りてダッシュ

 

何か彼に対して冷たいと思われるかもしれないんですが

実は1日目の夜に口説かれてるんですよね。

夜のドライブに行こうとか誘われて!

その割にレートに関しては1$=2200スムとか言って(バザールでは1$=3000スム)

ちょっと儲けようとしてるし!

そんなこんなで私としては

なんだこのオヤジィ…。」という気持ちになっているのです。

 

気を取り直して、お土産探しに着手!

このメドレセも中はほぼお土産屋さん。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180415010331j:plain

 

しかし!ここのラインナップがとにかくイマイチ。

量産された感じのものばかりで

せっかくひと揉めしてまで来たのに…、と意気消沈。

 

何とか掘り出し物を見つけようとじっくり探していると

気になる一品がありました!!

 

言ってしまえばただのお皿なのですが、他のお皿とは

明らかに質が違う…ということで、お店の人に詳細を聞くと

他のものは工場で生産されているけど、これはタシケントの職人が作っている

とのこと。

 

料理を乗せるにはいささか小さいお皿ですが

一際輝きを放っていたので購入。

今はアクセサリートレーとして使っています。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180415112252j:plain

(そんな言うほどか?って思いましたか?)

 

お皿と言えば、実はブハラでも1枚ゲット済み。

直径20cmくらいで深さもあり料理用に使えそう。

しかし、今はこれもアクセサリー入れになっています(^^;)

 

f:id:suekko-sanjyo:20180415112905j:plain

 

さて、出発の時間が迫っています!

長かった旅行記もやっと完結できそう〜。

 

次回、いよいよ帰国します!

 

ウズベキスタン旅行記(27) サマルカンドからタシケントへ①

昨日は早めに切り上げたので、夜が開ける前に起床。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414202152j:plain

 

見ての通りかなり豪華なラインナップで

この旅行の中では一番美味しい朝食でした。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414202617j:plain

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414202648j:plain

 

ちなみにホテルの場所はこちら。

レギスタン広場にもアクセス良好なオススメの宿◎

 

 

ちなみに、昨日行ったプロフ屋さんは道を挟んで

ホテルの向かい側にあります。

 

出発までは時間があったので「郵便局」を探すことに。

というのも、切手集めが結構好きなので

なかなか手に入らなそうなウズベキスタンのものを

ぜひ購入したい!と思い立ったのです。

 

地図上で郵便局は確認できたのでその方面に向かって歩くものの

なかなかそれらしきものが見当たらない。

ウズベク語で郵便局は「ポーチタ」と言うのですが

道行く人に尋ねてもみんな「分からない。」という顔をして

去ってしまう…。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414212857j:plain

(謎のエリア)

 

あきらめかけたその時、売店のおばさんが

「あっちだよ。」と場所を教えてくれました。ラフマト!

 

向かった先には確かにありました、郵便局。

しかし…取り扱っている切手に

全然ときめかない(^^;)

 

なんだか10年前のデジカメで撮ったみたいな

画質の粗い写真が使われていて少しがっかり…。

 

ちなみに写っているのはウズベキスタンの国技「クラッシュ」をしている

男性。

せっかくだし記事に載せようの思って探したのですが

行方不明でした。これに関しては無念!!

 

それでは、街を散策しつつホテルへと戻ります。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414213434j:plain

(マンホールはよく開いているので注意)

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414214615j:plain

(お肉屋さん)

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414214804j:plain

(スイカの充実したスーパー)

 

タシケントまでの移動も特急シャルク号です。

先日の記事で「もう一生乗ることはない」って書いてましたね。

全然乗ります。すいません。

 

お昼前にドライバーさんが駅まで連れて行ってくれたものの

出発までかなりの余裕があったので時間を持て余す事態に。

 

駅のホームには待合室と呼べるものがなく

2人掛けのイスが2脚置いてあるのみ。

 

仕方なくそこに座っていると駅員さんが2人やってきたので

しばらく世間話をして待機しました。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414215523j:plain

(駅はなかなか立派)

 

出発の20分ほど前に電車が到着。

このくらいの時間から、簡易の売店がホームに作られていました。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414215621j:plain

 

乗車を待っていると、中から出てきたのは

ブハラからの電車で私の車両担当だった車掌さん!

 

車掌さんも私に気付いたようで

「おぉ〜!!ここにいたのか〜!!」と声をかけてくれました。

再会できたのも何かのご縁、ということで記念撮影。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414220453j:plain

 

彼のおかげで、タシケントまでの道中

とても安心して過ごすことができました。

 

いよいよ旅も大詰め。

タシケントでは最後までお土産を物色したいと思います!

 

 

ウズベキスタン旅行記(26) サマルカンド散策(念願のプロフ編)

前回汚い終わり方をしてしまってすみません。

つい、アフラシャブの丘に対する素直が感想が出てしまいました(^^;)

 

実際の眺めはこちら。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180411230026j:plain

 

広範囲に広がるデコボコの大地。

かつてここに築かれていたサマルカンドの街は

モンゴルによって破壊されてしまったのだとか。

 

今となってはすっかり羊のフンだらけ。注意してないと余裕で踏みます。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180412233148j:plain

(ポツポツ見えるのがそれです) 

 

とにかく殺風景な場所なので

「ここにかつて街があったのか…。」と一瞬感慨に耽ったら

「さ、帰ろ。」とサクっと切り替えましょう。

 

もと来た道をスタスタと歩いて

行きの半分くらいの時間でハズラティ・ヒズル・モスクに到着。

 

すると、モスク前にいた女性が何かを言いながら私に接近…。

手には小さなフライパンのようなものを持っていて

乾燥した草をそこで燃やしている様子。

不意に煙を浴びせられ咳き込んでいると

スムナイ?スムナイ?」とお金を求められる。 

 

…こんな当たり屋みたいなやり口あります?

 

おそらくお祈り的な事をしてくれたんだと思いますが

余りにありがたみがないので

「スムない!!!!」

と言ってそそくさと立ち去りました。

 

幹線道路沿いの工場を見つつホテル方面へと戻っていきます。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180412210716j:plain

(奥で燃え上がる炎)

 

昨日のナン工房でもう1枚調達したいな〜と思ったのですが

この日はあいにくお休みのよう。

 

お昼ご飯どうしよう、そういやホテルの前に何件かお店があったな

とふらっと様子を伺うと、店先に何やら大きな鉄鍋が。

 

蓋がされていて中身は見えないものの

これはきっとプロフ…!!

 

お店の人に「プロフ?プロフ?」と尋ねていると

「コレ、タベタイデスカ?」

唐突に聞こえてきた日本語。

 

言葉の主に「食べたいです。」と言うと

「モウ、デキルソウデス。」とのこと。

 

「いくらですか?」

「5000スムデス。サラダトナントオチャガツイテ、5000スム。」

 

ほほう、なかなか良心的な価格設定。ここに決めます!

 

f:id:suekko-sanjyo:20180412213920j:plain

 

中に入って待機していると、日本語で話しかけてくれた男性が

やってきたので少しお喋り。

 

ウズベキスタンハジメテデスカ。」

「はい。」

サマルカンドハドウデスカ。」

「広いですね。あと、ナンがおいしいです。日本語お上手ですね。」

「ニホンニ8ネンカンイマシタ。」

「だからそんなにうまいんですね。」

「ダイガクニイッテマシタ。ゴヤダイガク。」

「へぇ〜!」

 

まさかこのサマルカンドで日本の大学への留学生に出会うとは。

そうこうしていると、お待ちかねのプロフがやってきました!

 

f:id:suekko-sanjyo:20180412212759j:plain

 (付け合わせのナンはカッチカチタイプ)

 

このプロフの具はにんじん(黄色いのがそうです)、ひよこ豆、ブドウ、お肉。

 

お肉は羊の割にあんまりクセがないんだな〜と思って

さっきの男性に「これは羊の肉ですか?」と聞くと

「コレハウシノニクデス。」という返答が。

 

シャシリクのイメージがあったので勝手に羊だと思っていたのですが

男性の話によると、今サマルカンドでは羊より牛が安いのだそう。

 

味としてはちょっと塩気が足りないかも?

プロフは確かに脂っぽさがあるものの、ブドウがいい仕事をしていて

酸味と甘みとフレッシュさがさっぱり感を出してくれます。

 

総合的に見て、これは美味しいプロフ!

 

f:id:suekko-sanjyo:20180412212442j:plain

 

男性に通訳してもらって、おいしいということを

お店の人にも伝えてもらいました。

 

すると、店主のおじさんが店員の若い女性と私を指差して

何かを言っている様子。

 

「何と言ってるんですか?」と聞くと

要は

「こいつを日本に連れて行っていい男を見つけてくれ。」と

いうことらしい。

こういう冗談ってどこの国にもあるもんですね(^^;)

 

さてさて、一回は食べておきたかったプロフも

クオリティの高いものを味わうことができて大満足!

食べ物に関してはもう思い残すことなしです。

 

明日はいよいよウズベキスタン最終日

気合いを入れて、充実した1日にしたいと思います!

 

ウズベキスタン旅行記(25) サマルカンド散策(歩く歩く編)

今日の目的地は「アフラシャブの丘」!

妙に中二心をくすぐるこの名前

何だかダンジョン感ありませんか?

 

ホテルを出る時に「外はすごく寒いので気を付けて〜。」と

言われたのですがヒートテック裏起毛スウェット大判ストール

寒さ対策は問題なし。

今回の旅行でこれ以上の上着を着ることは無かったです。

 

まずは昨日通った道を辿りビビハニム・モスクまで。

アフラシャブの丘はそのさらに先にあります。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180410210535j:plain

(ビビハニム・モスク、裏側)

 

f:id:suekko-sanjyo:20180410210636j:plain

 

f:id:suekko-sanjyo:20180410210716j:plain

(あらゆる部分を鉄パイプで補強)

 

朝早いにも関わらずビビハニム・モスクには団体客が

たくさん来ていました。

 

アフラシャブの丘方面に行くにはシャーヒズィンダ通り

横切る必要があるのですが

車の往来が激しく、歩行者への思いやりゼロな道なので

横切る時は現地の人にピッタリくっついていくのがオススメ。

 

私は結局上手く渡ることができず、行くつもりの無かった

シャーヒズィンダ廟群まで歩くことになってしまいました。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180411193111j:plain

(工事中)

 

中央アジアでも屈指の名所と呼ばれるこの廟群ですが

もう廟とかモスクとかの見すぎで

へえ〜

ぐらいの感想になってきています。

 

むしろ、私の印象に残っているのはこちら。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180411193912j:plain

 

廟群に隣接している、全くもって普通の墓地。

 

もしかするとそれなりの地位の人しか埋葬されていないのかもしれませんが

もちろん無料で出入りできるエリア。

そんな墓地でもタイルで彩られているんだなあと

気になったので、思わず1枚撮影。

 

道なりに進むと、坂の一番上にあるのが「ハズラティ・ヒズル・モスク」。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180411204319j:plain

 

木造のテラスからはレギスタン広場やビビハニム・モスクを

眺めることができます。

 

私もテラスにいるおじさんに

「おいで〜!」と呼ばれたのですが

アフラシャブの丘方面を指差して

「今からあっちに行く〜!」と道を隔てたまま大声で返答。

 

モスクの前の道をずっと進んでいても道沿いに壁があるばかりで

この道で合っているのか…?といつもの様にやってくる不安。

 

その辺を歩いていたおじさんに「アフラシャブ?」と聞くと

「500mでアフラシャブ、1kmで美術館、2kmでウルグベク天文台。」と

カーナビのような答えが。

 

おじさんを信じてしばらく歩くと、バスがたくさん止まっている

場所を発見。

 特に入り口と書いてある訳ではなく

門が開け放たれているのみでしたが、そこが入り口です。

 

バスの台数の割に人が少ないな〜と思いながら

丘に足を踏み入れた私が見たものとは!

 

次回、「ウ◯コだらけの丘」お楽しみに。

 

ウズベキスタン旅行記(24) サマルカンド散策(世の中お金編)

ウルグベク・メドレセは3つのメドレセの中で最も古いそうですが

ここも中はすっかりお土産屋さんに。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180408224819j:plain

 

メドレセごとに微妙にラインナップが異なっているので

お土産ハンターは隅々まで見るべし!!

 

このメドレセにだけあったのが「タイル屋さん」。

全種類欲しいくらいだったのですが

この時所持金が9000スムと、懐がかなり冷え込んでいる状況。

ここは泣く泣く諦めることにしました。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180408224431j:plain

 

4年経っても未だに思いを引きずっているので

これだけを大量に買い付けるために

もう一回ウズベキスタン行きたいなとまで考え中。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180408224916j:plain

(これもちょっと欲しかった)

 

端から端まで見尽くしたので、レギスタン広場とはお別れ。

隣接している「ビビハニム・モスク」へと向かいます。

 

正直レギスタン広場のオマケくらいに考えていたのですが

見た後の感想としてはむしろこっちがメイン。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180408225457j:plain

 

どうですか、この

圧倒的迫力。

 

実際に見ないとこの威圧感は伝わらないかもしれませんが

人の大きさと比べるといかに巨大な建造物かが分かると思います。

あまりの大きさに自重で崩れたという話も。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180408231552j:plain

(思わず見上げる大きさ)

 

ちなみに入場料10000スムのところ所持金9000スムなので入れず(^^;)

ここにも未練があるので今度行くときはリベンジしたい。

 

ビビハニム・モスクのすぐ横には

シヨブ・バザール」という観光客で賑わっている市場が。

 

せっかく来たから見るだけ見ようと市場の方へ向かっていると

少年が私の方にやってきて「スム…。」と一言。

ヒヴァやブハラではこんなことなかったのに、とショックを受ける私。

しかも、中東の恰幅いいおじさんとか欧米のゴージャスなマダムとか

私より確実にお金持ってる人がいるのに

なぜターゲットがこっちに!?

 

「いや、私もお金持ってないよ!」と猛抗議すると

少年、ナンを指差すではないか!!

 

これは晩ご飯にするつもりだから絶対に譲れん!と

2人ともが必死に母国語でバトルしていると

現地の男の人が近づいてきて少年に一喝。

そのおかげでやっと彼は去ってくれました。怖かった〜。

 

そのまま、ちょっとザワついた心を持ってシヨブ・バザールに入場。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180409221540j:plain

 

ここの人達は完全に観光客慣れしていて

「ミルダケドウゾ〜。」

と日本語でのアプローチも完璧。

 

「ここは危険そうだわ。」と撤退しようとした瞬間

…目が合ってしまった。

 

そこにいたのはお腹の大きな女性

お腹に子どもがいるの〜とジェスチャーをしながら

「1$プリーズ」と訴えかけてくる。

 

私もその時ドルで言うと3ドルくらいしか持っておらず

さっきの件もあって何だかナメられていることに腹が立ち

「今1$で困るんやったら産んでからもっと困るで!!」

と強めに言い放ってみる。

この女性も結局市場の男性にピシャリと怒られて退散してゆきました。

 

「お金が足りない!」とか

「お金をせがまれる!」とか

これまでの街にはなかった出来事に遭遇して

ちょっぴり切ないサマルカンド1日目。

 

旅行も5日目になり、元々一人旅耐性が強いわけでもない私は

ややホームシック気味に。

 

とはいえ、旅も残すところあと2日なので

やれるだけのことはやっておきたいと思います。

2日目に続く!!

 

 

 

ウズベキスタン旅行記(23) サマルカンド散策(JKこわい編)

ナンをつまみながら意気揚々とレギスタン広場へ向かっていると

背後からキャピキャピした声が接近…。

 

写真を撮りながら進んでいた私を

制服姿のJK5人組が追い抜いていきました。

 

わたしが「若い人やだなぁ〜怖いなぁ〜。」と思っていると

あちらはあちらで私のことが気になるらしく

チラチラ見てはクスクス。

やっぱり怖い。

 

途中で別の方向に行って欲しい…と期待したものの

どうやら彼女達もレギスタン広場へ行っている様子。

 

辿り着いたのが広場の裏側だったので

横を通って正面へ移動すると

 

f:id:suekko-sanjyo:20180408142424j:plain

 

圧倒的な大きさと広さ。

サッカーの試合ができるのでは?

というレベルのスケール感でした。

 

では早速入場…と入り口に向かい

受付の人に「ハウマッチスム?」と尋ねると

16000スムとのこと。

 

(^^;)

 

このところ5000スム以上のものに出会っていなかったので

5桁台の金額を提示されて思わず「えっ!?」と声が出ました。

当時のレートだと日本円で600円弱。

上野動物園の入園料と同じくらいです。

 

ウズベキスタンの物価から考えると相当高いので

強気の値段設定だなーと思っていると

2000スムでスイ〜ッと入場している人がちらほら。

「ナヌ!?」と思って受付の人に聞くと、

現地の人は2000スムで外国人観光客は16000スムなのだそう。

 

8倍て(^^;)

 

とはいえ、そう言われたらしょうがないので

上野動物園以上のコンテンツ力見せてみな!

と思いながら入場。

 

入り口のすぐ側にあるのが「シェルドル・メドレセ

このメドレセも、イスラム教のタブーに反した

人・動物を描いたデザインになっています。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180408154057j:plain

 

中庭にはお土産屋さんがたくさん入っていて

顔ハメパネルも置いてあります。

有料ですが、旅の思い出にぜひ。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180408154514j:plain

 

f:id:suekko-sanjyo:20180408154601j:plain

(お金が足りず買えなかった絨毯。未練が残る)

 

f:id:suekko-sanjyo:20180408154911j:plain

 

この写真にある大きなイスで座って休憩していると

例のJK達が近寄ってきて

「Where are you from?」とついに私に接触を開始。

「Japan.」と答えると

またしてもクスクス笑いながら「バーイ」と言ってどこかへ。

うーむ、接し方が分からん。

 

次に向かったのは中央の「ティラカリ・メドレセ

ここも内部はほぼお土産屋さん。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180408160437j:plain

 

 あるお店では、20$で売っていたアンティークの絨毯を

オフシーズンになるから!ということで10$まで値下げしていました。

 (どちらにしても私は手持ちのお金が無かったのですが。)

10月以降に行く方は値切りのチャンスかもしれません!

 

f:id:suekko-sanjyo:20180408161222j:plain

(ドアにも細かい彫刻)

 

ここでまたしてもJK軍団に遭遇。

写真撮っていい?」と言うので「う、う〜ん、OK。」と答えると

こうなりました。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180408161624j:plain

(ちなみにわたしがぶら下げているのはナンです)

 

かなり緊張しましたが滅多に出来ないいい体験だったかと(^^;)

それにしても制服、結構自由ですね。個性が出ていて素敵です。

 

JKへの恐怖心も和らいだところで、3つ目のメドレセ

ウルグベク・メドレセ」へと向かいます。