ウズベキスタン旅行記(27) サマルカンドからタシケントへ①

昨日は早めに切り上げたので、夜が開ける前に起床。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414202152j:plain

 

見ての通りかなり豪華なラインナップで

この旅行の中では一番美味しい朝食でした。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414202617j:plain

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414202648j:plain

 

ちなみにホテルの場所はこちら。

レギスタン広場にもアクセス良好なオススメの宿◎

 

 

ちなみに、昨日行ったプロフ屋さんは道を挟んで

ホテルの向かい側にあります。

 

出発までは時間があったので「郵便局」を探すことに。

というのも、切手集めが結構好きなので

なかなか手に入らなそうなウズベキスタンのものを

ぜひ購入したい!と思い立ったのです。

 

地図上で郵便局は確認できたのでその方面に向かって歩くものの

なかなかそれらしきものが見当たらない。

ウズベク語で郵便局は「ポーチタ」と言うのですが

道行く人に尋ねてもみんな「分からない。」という顔をして

去ってしまう…。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414212857j:plain

(謎のエリア)

 

あきらめかけたその時、売店のおばさんが

「あっちだよ。」と場所を教えてくれました。ラフマト!

 

向かった先には確かにありました、郵便局。

しかし…取り扱っている切手に

全然ときめかない(^^;)

 

なんだか10年前のデジカメで撮ったみたいな

画質の粗い写真が使われていて少しがっかり…。

 

ちなみに写っているのはウズベキスタンの国技「クラッシュ」をしている

男性。

せっかくだし記事に載せようの思って探したのですが

行方不明でした。これに関しては無念!!

 

それでは、街を散策しつつホテルへと戻ります。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414213434j:plain

(マンホールはよく開いているので注意)

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414214615j:plain

(お肉屋さん)

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414214804j:plain

(スイカの充実したスーパー)

 

タシケントまでの移動も特急シャルク号です。

先日の記事で「もう一生乗ることはない」って書いてましたね。

全然乗ります。すいません。

 

お昼前にドライバーさんが駅まで連れて行ってくれたものの

出発までかなりの余裕があったので時間を持て余す事態に。

 

駅のホームには待合室と呼べるものがなく

2人掛けのイスが2脚置いてあるのみ。

 

仕方なくそこに座っていると駅員さんが2人やってきたので

しばらく世間話をして待機しました。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414215523j:plain

(駅はなかなか立派)

 

出発の20分ほど前に電車が到着。

このくらいの時間から、簡易の売店がホームに作られていました。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414215621j:plain

 

乗車を待っていると、中から出てきたのは

ブハラからの電車で私の車両担当だった車掌さん!

 

車掌さんも私に気付いたようで

「おぉ〜!!ここにいたのか〜!!」と声をかけてくれました。

再会できたのも何かのご縁、ということで記念撮影。

 

f:id:suekko-sanjyo:20180414220453j:plain

 

彼のおかげで、タシケントまでの道中

とても安心して過ごすことができました。

 

いよいよ旅も大詰め。

タシケントでは最後までお土産を物色したいと思います!